大榮寺

御詠歌

当山の流派は、密厳(みつごん)流と称し、
その起源は「声明(しょうみょう):僧が譜を付けた経を唱える声楽」にあります。

その教典の構成は、
「弘法・興教両大師篇」
「釈迦如来篇」
「信心篇」
「供養篇」
等テーマ別に仏さまの教えや私たちの人生観や疑問といったことを優しく且つ分かりやすく「詩」に込め当流の特徴でもあるところの脈々と受け継がれてきた【節・調(しらべ)・拍】の旋律の中で、琴線に触れることかと思います
御詠歌住職

歌の上手下手ではなく、まだ、若いからでもありません!

兎に角、先ず、ご詠歌の門を叩いてください!

そして、お唱えしてみてください!生きる、生かされている喜びを体得し、これからの人生の糧としていただけると思います。

goeika2

今後も追加予定です。リクエストやご感想をお聞かせください。

コメント2件

 相馬二夫 | 2016.03.13 10:49

 こんにちは,いつも御詠歌拝聴させていただいております。
 去る3月9日に御詠歌の検定がありました。お陰様で何とか合格することができました。
 わたしのわがままを聴いてくださり,密厳,観音和讃及び札打和讃と登録していただき感謝しております。本当に有り難うございました。

 住職 志村清仁 | 2016.03.13 18:03

この度は、検定に合格されたとのこと、大変おめでとうございました。小生が、その一端を担えたとしたら、とても光栄です。
態々、ご報告をいただき、感謝申し上げます。有難うございました。そして、これからも少しでも参考にとご視聴いただけたら幸いです。

Comment





Comment